シオンヌにっき。

セルフでお洒落を楽しむことが好き。ファッション(主にピアスやヘアカラー)、乾癬、メンタル系などについて綴っていますϵ( 'Θ' )϶

*.耳軟骨ピアス・アウターコンクの開け方!セルフピアッシングの方法 .*【アウターコンクとは?痛みなど解説】

 

アウターコンクとは

 

 耳軟骨の平たい部分に開けるピアスのことをアウターコンクと言います。 

 

 

開けてみたかった箇所だった

私はこの箇所を開けたことがなかったのでいつか開けたい!と思っていました。

そして今回必要なものが揃ったのでとうとうワクワク&ドキドキしながら

自分で開けることにしました!

 

 

参考にした本

ピアッシング・バイブル

ピアッシング・バイブル

 

 開ける時にこの本を読みながら参考にしつつ開けました。

 

 

必要なもの 

  • ニードル14g
  • ファーストピアス14g
  • 消しゴム
  • 消毒液
  • ティッシュ
  • 皮膚にかけるペン
  • 軟膏かワセリン

 

大まかに必要なものはこんな感じになります。

 

詳しくはこちらの記事に書いたので参考にしてみてください。*

www.sionnu.com

 

 

大まかな手順

まずは準備

手を石鹸で洗う
開ける箇所を消毒する 

ちゃんと消毒しないと菌が傷口に入ってしまい、炎症や膿などのトラブルの原因になりかねないのでここは省かないようにしましょう◎

開ける箇所のマーキング

 マーキングは結構大事で、もし開けた後に気にいらないと開け直さないといけなくなる時もあるのでここは納得いくまで鏡と相談です◎

 

ここからピアッシング!

消しゴムを開ける箇所の後ろにあてがいます。

これは開ける箇所の皮膚を支えるのももちろんですし、ニードルの先端が頭に刺さってしまわないようにするためでもあります。

 

印を付けたところにニードルの針を当てます。

垂直に刺すのがとにかく大事なのでここは慎重に確認します。

 

軟骨部分に開けるので耳たぶよりも力が必要になります。

 

なので力を入れれるようにニードルを持つことも大事です。

 

確認と気持ちの準備ができたら力を入れてニードルをさしていきます。

慎重に刺しつつ、素早く行えると尚良いです◎

痛みが怖いからとちまちま刺しているとどんどん腫れていくし、痛みも続くので

ゆっくり刺しつつも潔く力を込めた方が痛みだったり出血も少なく済むので素早く行いましょう◎

 

ニードルが貫通したらピアスの接続!

ニードルをピアスホールから外れる1cm前まで押し進めます。

ニードルの先にピアスをあてて接続させます。

そのままピアスを押しつつ、ピアスホールに通します。

通ったら、

ニードルを後ろから取り、

キャッチをはめてピアス完了です〜ϵ( 'Θ' )϶。*

 

ニードルが売っている場所

amazon 

 

 

楽天 

ウルトラ シルキー ニードル【8%OFF】Ultra Silky Needle 針

 

以前楽天で売られなくなっていた時期があったのですが、今は売っているみたいです〜! 

 

 

今回動画を撮りながら開けました !

今回、動画を撮りながら

開けたので開け中の写真を

載せておきます˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚

 

まず印をつけて

f:id:hs13m:20190411065727j:plain





 

消しゴムで後ろから支えて

ニードルを刺して

f:id:hs13m:20190411065800j:plain





 

ピアスを接続させて

完成〜!.*。*

f:id:hs13m:20190411065516j:plain

 


↓動画はこちらになります ˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚

(ちなみにyoutube初投稿ダヨ、グヘヘ。笑)

どんな風に開けるかのイメージがつかみやすいと思うので

よければ観てみてくださいϵ( 'Θ' )϶ 。*

 

 

 

痛みは? 

久々のピアッシングだったので思いの外ビビってしまい、結構時間をかけながら開けました。

 

最初は痛みが怖くて

結構震えていました。苦笑

 

急に痛みがくるのが怖いので、爪で力を入れて痛みを確認してから開けました。

 

少しずつ力を加えてニードルを刺していく時、痛みの種類が変わるんです。

なのでその痛みがどんな感覚を書いてみますϵ( 'Θ' )϶

 

最初は軟骨部分にまで届く皮膚の痛み

これはそこまで痛くないです。

 

そりゃ痛いっちゃいたいんですけど、ニードルの先端を当てて少し力を加えて皮膚にプチっと刺さった時はチクっと針を刺す様な痛みです。

 

その次に軟骨を貫く時の痛み

軟骨がささる時に痛みが変わって

目に力が入る痛みに変わります。

痛って〜〜〜〜〜〜て感じの痛みです。

 

でも、あまりにも痛みが怖くてビビりまくってたんですが(予期不安が強かった)

 

痛みを感じだすと

 

....あれ、そこまで痛くないじゃん!

 

ってなって意識をはっきり持つことができました。

 

どんだけ痛いって思ってたんだろ...。苦笑

 

でもある意味予期不安が強い方がそこまで痛くなかったって感じれるんだと思います。

 

 

最後に軟骨を超えた後の皮膚を貫く時の痛み

 

そして最後の皮を貫通させる時の痛み。

 

やっぱり全ての痛みが合わさるのとプラスで

最後の皮膚を貫通させる時にニードルを力を込めて入れる瞬間が一番痛かったです。

 

開けた後の痛みはどのくらい続く?

開け終わってからジンジンとする痛みがあるんですが、私は2〜3時間くらいでジンジンとした痛みは治まりました

 

それからはちょっぴピリピリする様な感覚がある感じです。

 

私は夜中に開けて数時間後してから寝て昼過ぎに起きたらジンジンとした痛みは無くなっていましたが、ピアスにメガネや、髪が引っかかる時に痛みを感じました

 

そりゃ傷口なのだから痛いですよね。

1日1回洗うときも触らない様に痛みが治まるまで待ちます。

 

 

早く痛みが治ればいいなぁϵ( 'Θ' )϶

 

 

失敗して再度開け直してしまった

実は、接続に失敗してしまって、

最初はもう14gのピアスじゃ入らないからと

16gのピアスを入れてみたらなんとか入ったので

これで完成にしようとと思ったのですが...。

 

軟骨ピアスは安定しづらいので

16gだとトラブルが起きそう(炎症して膿んだり)だと思い、

ニードルの予備がまだあったので開け直すことにしました。

 

やっぱり接続が難しい!!

今度こそ失敗しない様に感覚を研ぎ澄ませて(いたつもり)

接続を行ったんですが、やっぱり難しい!!

 

最初の時よりはしっかり裏でニードルを指で支えながら

ピアスが通ってるなと確認しながらやっていたんですが、

先にニードルが外れてしまって途中

あたふた.....((((;゚Д゚)))))))

 

ですが、最初の失敗のおかげでコツを掴んで

ささる角度をしっかり確認して、その方向へしっかり力を入れてピアスを押し込んだらピアスがちゃんと貫通してくれました◎

 

 

成功してよかった〜〜〜〜。*

 

 

 

なかなかやるじゃないだワサ。

 

セカンドピアスはラブレットスタッドをつけたい 

 開けて思ったことは思いのほかメガネの耳に引っかけるところが後ろのキャッチにぶつかってしまうこと。

 

ファーストピアスはストレートバーベルを使用したので、セカンドピアスは引っかかりにくいラブレットタイプのピアスをつけたいなぁと思いますϵ( 'Θ' )϶

リング付 ラブレット(ジュエルボール) 14G(ボディピアス/ボディーピアス)

 

可愛いデザインのピアスを付け替えたいなぁ。*

 

 

■イービルアイラブレット/14G[ボディピアス/ボディーピアス/ラブレット/リップ/ヘリックス/耳ピアス/軟骨ピアス/口ピアス/目玉/ハロウィン/猫目/蛇目/スネークアイ/ピアッシング/ステンレス/動物/爬虫類/ジュエルズ/メール便送料無料]【あす楽対応】

 目ん玉ピアスもいいなぁ♡

 

 終わりに 

そんな感じで久しぶりにセルフピアッシングをした

シオンヌでありました٩( ᐛ )و

 

一時は痛いのが怖くて開けるの諦めかけたのですが、開けれたのでよかったです。*

 

とは行ってもこれからのケアが一番大事と行っても過言ではないので

維持し続けれる様に

大事にしようと思いますϵ( 'Θ' )϶

 

ちなみに2度目の開け直した後の写真↓ (血がついてるからモノクロ写真デス..)

f:id:hs13m:20190411021126j:plain





やっぱり、てこづった&開け直したから想像よりも赤みが帯びて腫れちゃった...。

でも成功したからよかった◎

 

ちなみに、ついでにニードルがもったいなくてイヤーロブ(中間のところ)にも一個開けちゃいました。笑

(※ニードルは1回につき1使用が水準されてます。(衛生的&切れ味が悪くなるから)よいこは真似しないでネっ。)

 

 

シオンヌちゃんったら悪いコなのネ〜。

 

 

だって痛みを知れてる間にもう一個開けたくなっちゃったんだもん(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

 

 

 

アウターコンクを開ける時の

参考になれば幸いですϵ( 'Θ' )϶

ここまで読んでいただきありがとうございました〜!*

 

スポンサーリンク