シオンヌにっき。

対人恐怖症なのでセルフでお洒落を楽しむことが好き。ファッション(主にピアスやセルフカラー)、好きなこと、乾癬、メンタル系などについて綴っていますϵ( 'Θ' )϶

【保護猫】親子猫を保護した話 【野良猫を保護した方法と経緯】

f:id:hs13m:20190725025454j:image

実はここ最近餌付けしていた野良猫ちゃんが

家の物置に子猫を産んでることが発覚して、色々調べたり家族で話し合ったりした結果、

保護することになりました...!!

 

その経緯などを書いてみようと思います。

 

まさか、野良猫を保護することになるとは

思ってもみなかったよぉ....((((;゚Д゚)))))))

 

 

それではどうぞぉ\\\\٩( 'ω' )و ////

 

 

 

あれは寒い冬の日だった...

去年の12月頃に実家に出戻り、ぐうたらと過ごす日々を送っていた時に、なんとなくベランダをでた時に何かの動物の毛を発見したんです。

 

もしかして猫かな....?

となんとなく思って、ある日興味本意で食べてた牡蠣せんべいのかけらをその毛を見つけたべランダにおいてあるソファに置いてみたんです....。笑

 

数日後、見てみるとそのせんべいが無くなっていまいました!

 

 

やっぱり野良猫がこのソファ使ってるよ...!笑

 やっぱり野良猫がいるかもしれない....。

いつか見れたらいいなぁと思って、気にしながら見ていたら

ある日の夜になんかいる!!

 と思ってそーっとのぞいてみると、そこには....

 

 

ね...猫?

 

わーーーー長毛種の猫だぁーーーー˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚

 

とテンションが上がったのでありました。

 

それから、つい興味本位でキャットフードを置いて食べてくれるか

試したりしていました。

 

すると数日後見事になくなっていたのです...!

 

ネットで調べると、後悔をする日々...。

 つい、野良猫に情が湧いてしまい、餌をあげるようになって

ネットでいろいろ調べるようになりました。

 

すると、野良猫に無責任にあげてはいけないことが多く載っていて、その頃情緒不安定だったこともあって、とても後悔をしました。

 

母や姉は大丈夫よーって感じたったんですが、やっぱり無責任に餌をあげちゃいけないんだな...と思い1度餌をあげる決意をしました。

 

餌をあげることを止めようとした!...けれど

だがしかし!姉が餌をあげておりました。笑

 

そして、やっぱり冬の寒い夜にひょっこり時々現れる毛むくじゃらの猫に情が湧いてしまって、それからも餌をあげるようになりました。

 

 

週に4〜5回餌を催促してくるようになった

 来ないときは来ないし、来るときは来ていました。

最初の頃は猫がいない時に餌をソファに置いてたんですが、それだと他の野良猫も寄り付いてしまう可能性があると思ってからは猫が現れた時だけあげるようになっていきました。

 

そんな日々を4ヶ月ほど過ごしていたある日...。

 

黒猫と交尾してるところを目撃してもうた....!

 ...そうなんです。

家の隣が空き地なんですが、何気なく家猫と自分の部屋のベッドでぐでーっとしていた時に、家猫はよく窓を見るのが好きなので真似して見ていたら、

 

あの猫ともう一匹の猫が空き地にいたんです。

 

そして、ここで目撃してもうたのです。

 

....黒猫と交尾をしている姿を....。苦笑

 

そこであの猫はメスなのだと発覚致したのでした...。笑 

 

そして、ネットで調べると猫の交尾はほぼ100%妊娠すると知って、

 

...え。モジャ(と呼んでます)もしかしたら妊娠したかもしれん....。

 

...と、そのことを家族に話しました。

 

というか、家族で出かける時に車に乗っていた時にその2匹を見かけて、そこでも後尾をしていたんです...。笑

なんちゅうタイミング。

 

そんなこともあって、2ヶ月後にはもしかしたら妊娠してるかも...という不安?が巡っていました。

 

毛むくじゃらだったのが短毛になっていて....

初夏が近づいてきた頃にモジャが現れた時に、首のところだけ綺麗に毛がなくなっていたんです。

 

誰かが夏だから剃ったんじゃないか?ってくらい綺麗に短くなってたので、

もしかしたら家猫か他の人も世話してんじゃないか?説が出ていました。

だったら避妊手術してるかもよ〜っと軽いノリで思っていました。ハイ。(人間というものは、ラクな方に考えてしまいますよね...。)

 

...しかし後から調べてわかったんですが、野良の長毛種の猫で冬と夏とじゃ全然毛の量が変わることが判明して、アレってただの生え変わりだったのか説が強くなったのでありました。

 

なななんんと家の物置に子猫と親猫がいたぁぁ!!!

 そんなこんなで7月初旬。

母が「なんか猫の声がするんよ」

と言っていたけどめんどくさくてスルーしていたら

1週間後に母が朝っぱらから起こしてきたんです

 

母「モジャ、子猫産んどるよ」

 

 

わい「ええええええええーーーーー:(;゙゚'ω゚'):」

 

...とそんな感じで母が発見したのでした。

 

見つけたのは家の横の物置化しているスペースで、靴箱と壁の狭い隙間にモジャと子猫を発見しました。

 

最初は2匹かな?と思っていたのですが、そぉっと動画を撮って見返すと3匹いました。

 

私たちにバレたと気づいたモジャは次の日場所を変えていました。

そこも物置のところだったので、あまり近寄らずに見守ることにしました。

 

子育て中の猫は、場所を変えて行くそうなので、 あまり干渉しないようしつつ、

でも様子が気になるのでモジャがご飯を催促する時にそぉっと子猫を確認しに言ったりしました。

 

子猫を産んだことをバレたモジャは1日いつも1回だったのが2回ご飯を催促するように。笑

 

シャーっっと威嚇するくせにいつもよりもご飯の催促が強かったです。

 

ひとまず責任を持って保護することに...!

家族と話し合って、ネットで色々調べると、

  • 避妊手術をしないと猫は繁殖力が高いから増え続ける
  • 野良猫が増えることで殺処分されるかもしれない
  • 猫を保護して避妊手術をして元の場所へ返す活動(TNR)がある

 

...など、知っていき、とてつもなく不安は強かったけれど、餌をあげた責任を取らねばと思い、保護することになりました。

 

最初、母が素手で捕まえようと試みたのですが、全然ダメでした。笑

そして、それを感じ取ったモジャがさらに怯えるようになりました...。でも餌はしっかり食べにきました。笑

子育てもしっかりしている模様でした。

 

素手で捕まえるのは無理だと思い、ネットで捕獲器を買うことになりました。 

 

iimono117 動物用捕獲器 ( M-L-LL ) / アニマルトラップ 畑 庭 家庭菜園 捕獲 トラップ 野良猫

 

1回目のご飯の時は怪しがりながら、入ると蓋が閉まるトラップの部分を踏まずにかわしながら食べたため、失敗しました。笑

 

2回目の時は踏む箇所がわからなくなるようにタオルを下にひいて餌を奥に入れて待つことにしました。すると、いつの間にか捕まっていました。

 

暴れた形跡があって、近くにあったビニール袋の切れ端が中に入り込んでいました。

そんなに暴れていたのか、と思って早く気づいてあげればよかったな、と思いつつタオルを被せながら準備していた部屋に連れいていきました。

 

その次に、子猫たちを手袋をして保護しました。

 

2回も脱走を図られれたっ....

前に飼っていたうさぎのケージ(犬用のだから大きめ)を準備してたのですが、上のところを適当にかぶせていただけだったので、そこから脱走を図られていました。

 

母がびっくりした時にモジャが暴れてしまってガタガタだった網戸が外れてそこから逃げられてしまったんです....。

 

...もうその時はショックでしたよね...。この世の終わりかってくらい(言い過ぎだが)落ち込みました。苦笑

 

するとモジャはニャーニャーとものすごい泣き続けながら付近に居続けました。

子猫を呼んでいたのだと思います。

 

なので、チュールを上げつつ、玄関におびき寄せました。

それでも怯えて、警戒して入らないので、子猫を玄関の前においておびき寄せることに...。すると、玄関のドアを閉めることに成功し、なんとか確保できました!!

 

だ・が!!!!!

 

やってしまった。私たち人間が甘かった。

そっとしておこうということになり、リビングで一休みしてたんです。

そのあと様子が気になって見にいくとまたもや逃げられておりました...。

 

どうやって逃げられたかというと、窓の鍵を閉めるのを忘れていたから。

まさか、猫が窓を開けるなんて思わず、再び逃げられていたのでありました。

 

再び世界の終わりのような気持ちになりました....。苦笑

 

1度目の時と同じで遠くに逃げずにずっとニャーニャーニャーニャー泣き続けます。

子猫を呼んでいました。

10分以上は鳴いていたと思います。

 

これも、どうしたかというと、子猫作戦であります。

最初はチュールと鰹節でつって玄関から入れようとしたのですが、警戒が強くて入ってこなくなりました。

 

なので、わざと玄関を閉めたり、和室(猫を保護する部屋)の脱出した窓を開けてみました。

するとモジャが和室に入ってきました...!!

モジャが子猫に近づくと子猫がモジャについていきそうだったので、まずいと思い子猫を元の場所に戻しました。

母が外から、窓を閉めようとしたのですが、バレてしまい1度逃げられてしまいました。

 

...が、2度目に和室に入って子猫を呼びに言った時に私が裸足で気配をできるだけなくしながら、窓を閉めることに成功して捕獲成功となりました。。。

 

その日の夜の猫の状況と私の心境

その日はモジャは鳴いていました。和室は母の部屋だったので、母が寝ていたのですが、ずっと鳴いてたそうです。そりゃ意味もわからなくて怖くて仕方がないでしょう。

 

私自身、とても不安でモジャの人生を変えてしまった...。だの、いろんな変なマイナスなイメージを考えすぎていました。

 

こんなの人間のただのエゴでしかない。あぁあぁ。....など。

 

その日は眠れませんでした。

 

 

保護した次の日

ご飯は出したもの全部食べるのですが、まだトイレをしてなくて不安になりネットで調べまくりました。

 

すると、中には数日間トイレをしない猫がいたりすることを知り、少しホッとしましたが、中にはしなさすぎて膀胱炎になる猫もいると言う記事も見かけ不安になっていました。

 

最初に準備していたプラスチックのトイレが小さいんじゃないか?

ネットで調べていると、猫のサイズよりも大きめのサイズが良いと知り、最初に準備していたプラスチックのトイレが小さすぎるなと思っていたので、

衣装ケースのプラスチックケースをトイレにしてみました。

 

保護して2日目

すると次の日には

大きめの衣装ケースの方のトイレにしっかりとしてありとっても安心しました。

 

 

 

保護して1週間現在の様子

 ご飯を半端なく食べます。出した分だけ全部平らげます。笑

 

でも人間にはとっても怯えて、机の下の奥のクローゼットに立てこもるようになりました。苦笑

 

このままだと家猫ノラになっちゃいそうだと思いました。

(家の中で隠れて餌とトイレしかしなくなることを言うらしい)

 

でも時々様子を見に行くとど真ん中にドテーンと寝転がっていたり(暑いから)

部屋の入り口の前に座っていたり(多分脱出したいんだと思う)

 

目を合わせた時ゆっくり瞬きすると瞬きし返してくれ(てるように感じるけど実際どうかはわからない)たり、

孫の手で首の下をかいてあげても嫌がらない(多分無視してるだけで気持ちよくはない)

 

そして何よりご飯をいっぱい食べてくれて、トイレも一発でトイレ砂のところでしてくれた。

 

それが嬉しいです。

 

子猫たちは...?

すくすくと育っています。

母乳をあげてる姿を

何度も見ていたし、とても元気そうでしっかり子育てしてることに感動してました。

 

最近はウロウロ歩いたり、子猫同士でじゃれあう姿も見れるようになりました。

そして、親猫のドライフードもパクパク食べ始めてびっくりしました。

なので子猫用のドライフードも買って、あげるようになりました。

離乳時期が来ているようです。

 

やっぱり子猫ってなんとも言えない可愛さがありますね。

 

これからのこと

 

  • 親猫をTNRをしてリリース(元の場所へ戻すこと)

最近、モジャが再びよく鳴くようになってしまいました。今はこのことが心配です。

やっぱり外に出たいんだろうなぁと思うと、心苦しくて、子猫の親離れする時期&避妊手術をするまでに鳴き続けるようだったらリリースしようかと考えています。

 

モジャを保護した理由に子供を産んだこと、これからまた子供を産んでしまうと困ることがあるので、モジャ次第かなと思います。

 

  • 子猫の里親を探す

3匹の子猫が生まれたので、里親に出そうかと思っていたのですが、家族全員、見事に情が移っていて、飼う方向になっています。笑

 

....とは言っても経済的なこと、先住猫との相性もあるのでまだ分かりません。

 

  • 親猫と子猫を飼う

モジャが室内暮らしを気に入ってくれるのであれば親子共々飼いたいです。

 

鳴く姿を見るとすぐにでも出して、前の暮らしに戻してあげたくなるし、でもふとした瞬間の可愛さにやられて出来ることなら家猫になってほしいと言う気持ちもあったり....。

 

 

 

....そんな感じで、いろんな選択肢があって、まだ考え中です。家族と話し合いつつ、飼っている先住猫との相性が合えばこのまま家猫で飼いたいし、家の中で暮らすのが嫌そうだったらさくら猫にして地域猫として生きていってほしいとも思っています。

 

先ほど書いたように保護した日に夜泣きをする姿を見て、とても不安な気持ちで私自身眠れませんでした。

いろんなことが頭をよぎるし、ネット状ではさまざまな情報が飛び交ってて何が正しいのかわからない...。

ただこのまま放置していれば、猫が増えていってもしかしたら殺処分だったり、事故にあったり、生まれてきても生きられなかったり、近所の人が苦情をいってトラブルになりかねない...。

 

 

 

結局人間のエゴでしかないのですが、親猫に餌をあげていた責任があるので避妊手術をするまでは責任を取りたいという結論になりました。

 

 

 

終わりに

まさか自分が猫を保護するだなんて思っていませんでした。

 

 親子猫を保護してからは、ずっと猫のことばかり考えています。笑

 

子猫はすくすくと大きくなって、機敏に走り回って、兄弟でじゃれあって格闘して、キャットフードもよく食べるようになってきました。

 

これからどうなるかまだ分かりませんが、今できることをコツコツやっていこうと思っています。

 

 

縁だからね。

 

いろんなこと考えさせてくれてありがとう。

 

...そんなこんなで、最近は猫が落ち着く部屋づくりを企んでいるシオンヌでありました( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

 

【おまけ】モジャファミリーだよ˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚

f:id:hs13m:20190806004757j:image

 ギロリ!としてるのがモジャです_:(´ཀ`」 ∠):♡

シャーっと威嚇はしますが、噛みついたりすることはないです。

 

3匹の子猫たち(*´-`)

みんな尻尾に特徴があって、その尻尾由来で名前が決まっていきました。笑

 

こんな感じで最近はドアの前で待機してることが増えました。笑

 

 

ちなみに気になってるキャットタワー

多頭飼いになったら必須であろうキャットタワー。

いろんな種類がありすぎて悩んでるのですが、今のところこの3つに絞り中...。

 

もふもふ生地じゃないキャットタワー 突っ張り式

 

 

ファー生地は掃除がしにくいと載っていて気になってるのがこのタイプ。

モジャファミの方はクーラーがなくて、窓を開けて(ちなみに網戸のままだと脱出するので、ダイソーで突っ張り棒、ワイヤーネット、結束バンドを買って柵を自作しました)

扇風機とペットボトルに水を入れて凍らしたものを置いたりしているだけなので、暑いと思うのでこっちの生地の方がいいかな、と考え中...。

 

据え置きタイプの方  突っ張りじゃない方のキャットタワー

 

 

突っ張り型の方が最初は良さそうだと思っていたのですが、突っ張りがぐらつく場合もあるらしく、設置後は確認しないといけないので、それなら据え置きでもいいんじゃないか?置き場所も変えやすそうだし...とも思ったり。

 

木登りができるキャットツリーも気になる....!! 

 

 色々調べていくうちに、キャットツリーというものがあることを知る。

木登りしたらストレス解消になりそうだなぁなんて思ったりしました。

 

家にあるもので代用するのもアリ...?

正直経済的に余裕がないので、無理して買わずに家の物置にあるものなどで代用できないかな?とも考えてます。

 

できそうな範囲で段差を作ってあげたりしている最中です。

 

スポンサーリンク